• ホーム
  • 私不感症かな?と思ったらフリバンセリンを検討

私不感症かな?と思ったらフリバンセリンを検討

女性用の媚薬として知られるフリバンセリンは女性の性欲を高める効果がある薬で、2015年に米食品医薬品局(FDA)から承認されました。
元々このフリバンセリンは性的欲求低下障害のための開発されたのではなく、抗うつ剤として開発されたものでした。
ところが、開発の途中で性的欲求低下障害の治療にも効果があったという臨床データの結果から、急遽性的欲求低下障害治療薬として開発されたようです。
性欲を刺激する効果を持つ薬はこのフリバンセリンが世界で初めてでした。
性欲が減退してしまう原因はストレスや加齢、ホルモンの変化など様々なことが考えられます。
今までにない全く新しいタイプの薬ということで、性的欲求低下に悩む女性や不感症に悩んでいる女性に注目されることになりました。
フリバンセリンが性欲を高める仕組みは、性的な欲求を刺激する神経伝達物質のドーパミンの分泌を促します。
同時にドーパミンの働きを阻害するセロトニンの分泌を抑えるダブルの効果によるもので、この相乗効果により女性の性的興奮が急激に高めることができます。
また、性的興奮が高まることによって膣も濡れるようになるので、セックスをするときに膣内が乾燥気味な方にもお勧めです。
用法用量は1日100mgを水や温め湯で服用します。継続的に服用することで高い効果を期待することができるようになります。
副作用には吐き気やめまい、眠気や倦怠感、低血圧が報告されています。副作用が酷い場合は使用を中止し、医師に相談するようにしましょう。
性的欲求低下のためにセックスレスとなってしまっているような場合は、このフリバンセリンの購入を検討してみてはいかがでしょうか。
注意点としては日本国内ではまだ認可されていないことです。
ただ日本では認可されていないとはいっても、アメリカでは認可されているので危険性があるわけではありません。
インターネットの通販サイトなどから手軽に購入することが可能です。

フリバンセリンを飲む際の注意点

性的欲求の低下に悩むというと、年齢を重ねた男性のイメージが強くあります。
ですが実際は女性も年齢を重ねると共に、性的欲求の低下に悩んでいる人は少なくないです。
実際に加齢と共にホルモンバランスに乱れが生じてしまい、性的欲求の低下により不感症の症状を患う女性は珍しくありません。
そうなるとセックスを楽しめなくなるので、パートナーの男性の求めに応じられずに関係がぎくしゃくする切っ掛けになってしまいます。
女性で性的欲求の低下に悩んでいる人は、フリバンセリンの服用を検討すべきです。
フリバンセリンを服用する事で、性的な欲求を高めるための神経伝達物質であるドーパミンの分泌を促進して性的欲求の低下を改善する効果が期待出来ます。
しかもフリバンセリンは元々抗うつ剤の治療薬として開発されていたので性器に働き掛けるのではなく、直に脳に働き掛ける事が可能な点が魅力的です。
お陰でフリバンセリンは女性の性的欲求低下障害治療薬の中で高い効果が期待出来るので、新しいタイプの媚薬として高い注目を集めています。
そんなフリバンセリンの服用方法は1日1回100mgを水と共に飲むだけであり、服用を継続する事でより高い改善効果を期待する事が可能です。
手軽に服用出来るフリバンセリンですが、服用する際には注意すべき点も存在します。
それは副作用が生じる恐れがある事であり、様々な体調不良の引き金となる危険性があるので注意が必要です。
具体的には吐き気や倦怠感等であり、こういった症状が重く出た場合には、服用を中止して医師に相談する事をおすすめします。
更にフリバンセリンを飲む際の注意点としては、他の薬との併用は出来るだけ避ける事です。
併用すると副作用が起こる可能性が高まるだけでなく、副作用が強くなる危険性もあります。
なので常用している薬がある人は、フリバンセリンを服用する前に医師に相談して併用が可能かどうかを確認すべきです。

関連記事